行方知らずのさすらい暮らし

自称「さすらい人」が書き綴る気ままな日々の暮らし

妻籠山(推定520m 長野県南木曽町)

期 日 2020年9月14日

行 程 JR南木曽(なぎそ)駅から往復

天 候 晴れ

 

妻籠(つまご)山・・・そんな山があったとは知らなかった。

この山の名は地図にない。観光案内によると妻籠城跡とされている。

今回の目的は、史跡めぐりというより山歩きを兼ねたウォーキングなので、あえて妻籠山の名を使わせていただく。

 

JR中央本線南木曽駅から中山道妻籠宿に向かって歩いていくと、約1時間で登山口に着く。案内の標識がある。地図にはないが明瞭な道が続く。かつて城があった山頂までは20分程度、これは楽でいい。

観光客に人気の妻籠宿のすぐ近くにもかかわらず、誰一人やって来ない。

f:id:f-0193591:20200916082300j:plain

f:id:f-0193591:20200916082319j:plain

山頂にて (北の方角に中央アルプスが見える)


残暑の厳しい愛知には日が暮れて涼しくなってから帰りたい。まだ時間はあり余るほど残されていた。

妻籠まで往復し、信州そばと五平餅で空腹を満たし、南木曽駅近くの長大な桃介橋を途中まで渡り(足の疲労が限界に来ていた)、さらに時間調整のため多治見駅で下車し、駅ピアノを弾いてから帰宅した。日中アルコールを控えておいて正解だった。楽譜をど忘れしたり指がもつれたりで醜態をさらすことになる。

f:id:f-0193591:20200916082416j:plain

f:id:f-0193591:20200916082427j:plain

このような画像を公開するのは本意ではないが、たまには大目に見られたい。

 

f:id:f-0193591:20200916082441j:plain

桃介橋 (大正11年に完成した木造の吊り橋)