行方知らずのさすらい暮らし

自称「さすらい人」が書き綴る気ままな日々の暮らし

PERFECT DAYSをめざして

2月23日金曜日

二度寝の後5時頃目が覚め、6時過ぎ起床。

室温12度、軒下4度。暖房を入れたくなる温度だ。

朝のお勤め、腹筋運動に続いてNHK教育TVでラヂオ体操第二。これはラヂオのAM放送が受信できなくなったため。ついに寿命が来たか。

 

朝食は大切にしたい。卵2個の目玉焼き丼、昨夜のお惣菜の残りとお味噌汁(白味噌)にみかん。

食後の薬にカカオポリフェノールを紅茶で服用する。この時期だけは普段とは違う高価な薬になる。

 

朝刊に目を通す。小さい活字は目に悪い。見出しのみ。「東証 史上最高値」何故これが1面に来るのか、不思議に思う。「最高値」は「さいたかね」と読む。「さいこうち」ではない。最近まで知らなかったという薄識ぶり。

 

余談だが・・・

「農作物」は「のうさくもつ」か「のうさくぶつ」か。

「大舞台」は「だいぶたい」か「おおぶたい」か。誰に尋ねたらいいのだろう。
国語の先生か、NHKのアナウンサーか、クイズ東大王に出演の学生諸君か。

 

朝のBGMはブルックナー交響曲第7番を流す。朝から8番、9番では重苦しい。

 

降りしきる雨の中、傘を差して外出する。行き先は図書館だ。読みたい本が山ほどある。
3月ダイヤ改正後のJR時刻表週刊文春、月刊山と渓谷幸田文「木」、オール讀物最新号など、いずれも斜め読みに近い拾い読み。オール讀物所収の「八月の御所グラウンド」は、是非単行本を入手して熟読したい。初めの数行でたちまち小説の世界に引き込まれた。

 

昼前に帰宅し、食事の後は音楽鑑賞とする。選んだのはマーラー「第九」。第九には、ベートーヴェン(合唱のほかクロイツェルソナタを筆頭に名曲が多い。
まともに聴くと気が滅入る。マーラーには苦手意識が付きまとう。音量を下げてBGMとする。

新聞の本文拾い読みのほか、雑用を片付けながらといった「ながら鑑賞」になる。

 

長文になってきた。以下簡潔に記す。

 

日課となっているピアノの練習。寒い日は手が冷たくなり指がフリーズする。

雨上がりに短時間のランニング。

次男一家を招いて、ともに夕食。

年末年始には高値の花で見送った年に一度の蟹を食す。

 

お酒は、食前酒にワイン、食中に焼酎(麦と芋)、食後にラム。よく飲んだ。

 

入浴後は明日に備えて早目に寝よう。

 

PERFECT DAYSとは
 最近封切された映画の表題。
 役所広司さん主演。
 主人公の平山は、東京都の公衆トイレの清掃員。
 単調な日々の生活の中にも、ささやかな楽しみがある。
 時にさざ波の立つ出来事もある。
 ネタばれになるので、詳細は映画館でどうぞ。

 

 

 

 

緑色の梅 ?

我が家の梅はすでに花が散っている。少々早過ぎないか。
年により花の咲く時期に大きな開きがある。

2024年2月3日撮影

 

2022年3月5日撮影

近所に梅の大木が2本ある。うち1本は花の色が薄緑色に見える。目の錯覚か。

 

隣の白梅(左)と比べれば、明らかに異なる。

いずれも2024年2月20日撮影


どうやら緑色がかった花が咲く品種も存在するようだ。

 

 

 

東京混声合唱団 名古屋公演

期   日 2024年2月17日

会   場 しらかわホール

プログラム 佐藤 眞作曲「混声合唱のためのカンタータ『土の歌』」 ほか数曲

指   揮 山田和樹

ピアノ 福間洸太朗

 

名古屋市・伏見のコンサート会場「しらかわホール」は今月末で閉館になる。

名古屋では減少傾向が止まらない。文化不毛の地とはいえ、まことに残念。

 

今回の目的は「土の歌」を生の歌声で聴くことだった。

その第7楽章「大地讃頌」は名曲である。自分も声が出せるものなら、団員募集をしているアマチュア合唱団に飛び入りして舞台で歌ってみたい。そんな気にさせられる。

 

最後に全員「合唱」ではないが、聴衆全員参加のハミングで「ふるさと」を口ずさんだ。これは珍しい。

 

 

 

 

百々ヶ峰( どどがみね 417.9m/岐阜市 )

期  日 2024年2月13日

行  程 中川原バス停~百々ヶ峰~権現山~三田洞

天  候 快晴

 

3度目の百々ヶ峰(上の写真)は、初めてのルートを歩いた。これには訳がある。

以前登ったルートが、YAMAP情報によると進入禁止になっていた。
もう一つは、下山後温泉に入りたかったからだ。せっかく一日を費やすからには、付加価値が欲しい。

 

見落としそうな分岐点から細い踏跡をたどる。



こんな岩を登らなくても、脇に安全な登山道がある。

 

日当たり良好で気分も明るくなる。

 

端正な形をした奥美濃の山。

 

北アルプス。たぶん穂高連峰の吊り尾根だろう。槍ヶ岳はどこだ?

 

巨大な金華山と水かさの減った長良川

 

面白い山名標識があった。

 

いったん下って権現山に登る。岐阜県には権現山がいくつあるのだろう。

 

東海自然歩道を下る。

 

能郷白山が見えた。

 

この日は2月とは思えぬ暖かさだった。

 

下った所に温泉がある。これは便利だ。

 

血圧が下がっていた。これも温泉入浴の効用だ。

 

湯冷めすることなく帰宅できた。

 

 

2月の宮崎植物図鑑

宮古島の植物図鑑と同様、名前の不明なものがある。これでは図鑑としては不十分だ。

せめて目の保養に・・・。

 

フユイチゴ バラ科キイチゴ

宮崎にもあった。登山の際によくつまみ喰いをするが、とてもおいしい。

 

サツマイナモリ アカネ科サツマイナモリ属
初めて見る花。

 

シロシキブに似ている。

 

椿 ツバキ科ツバキ属

 

夏ミカンの仲間
宮崎では柑橘類が安い。

 

民家の庭に咲く早咲きの桜。

 

ワシントン椰子 ヤシ科ワシントンヤシ属

 

フェニックス ヤシ科ナツメヤシ
宮崎県の木の1つ。

 

マルバビスカス アオイ科フヨウ属
つぼみに見えるが、これが開花している状態だそうだ。

 

道端には、もうスミレが咲いている。

 

サンタンカ アカネ科サンタンカ属
紫色の花は珍しい。

 

花の名不明。宿の庭の片隅に咲いていた。カタバミに似ている。

 

花の名不明。

 

アイスランドポピー ケシ科ケシ属

 

ビロウ ヤシ科ビロウ属

 

南国宮崎では、2月上旬という時期にこれだけ多種多様な植物を観察できる。

 

(撮影 2024.2.5~2.8)

 

斟鉢山( くんぱちやま 500m/宮崎市 )

期  日 2024年2月6日

行  程 JR日南線曽山寺駅~斟鉢神社~斟鉢山(往復)

天  候 晴れ

 

宮崎で静養中、初めて九州の山に登った。そこに山があったからだ。それも簡単に登れそうな山が。

宿でごろ寝をしていては、体は静養できても心にはストレスがたまる。ましてや朝からいい天気だ。

心の静養を優先させた。

 

低山なのに深山幽谷の趣が濃厚で、亜熱帯の密林に迷い込んだ気分だった。

 

「ハイキング」コースとあるが、はたして・・・。

 

これでもハイキングか ?

 

本格的な登山と割り切ろう。プロ野球選手のキャンプ同様、トレーニングになる。

 

山には巨大なエネルギーが満ち溢れている。

 

日南海岸が見えた。海の景観は、波打ち際より高い場所から見下ろした方が見ごたえがある。

 

斟鉢神社で旅の安全を祈願し、予定の時間を大幅に超過して山頂にたどり着いた。

女性が2人登ってきた。若い頃は名古屋に住んでいて、名古屋駅から中央線の夜行列車に乗るため長い列に並び、ザックを放り投げて席取りをし上高地へ出かけたそうだ。
まさかこんな場所で同じ時代の共通体験を持つ人と出会うとは。

 

山頂から見下ろす日向灘与謝蕪村の句のように、「ひねもすのたり」の日々を過ごすのに、ここ宮崎は最適の地ではあるまいか。

 

贅沢な森林浴ができた。杉花粉の飛散する前でよかった。

 

 

 

春節で中華人民共和国から日本へ民族大移動

目的の1つはグルメか。

千載一遇のチャンス到来だ。

福島県三陸海岸で獲れたてのお魚を御賞味いただこう。

人気の的は「映え丼」とか・・・。それなら海鮮丼はいかが。

土産に海産物を爆買いしてもらえるかも。

政府も福島県も何をぐずぐずしている。もっと広報宣伝に力を入れたらどうか。

 

帰国後空港で、土産の海産物を没収されなければいいが。